Unbenannt -名 称 未 設 定-

Win/Mac共にFirefoxでしか表示確認してないひねくれ者のブログです(爆) ここのエンコードは「EUC-JP」です・・・

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

パンくずリスト 

Unbenannt -名 称 未 設 定-スポンサー広告雑感・日記ああ、ファーバーカステルに萌えた過去

カレンダー(月別アーカイブ付) 

06≪│2017/07│≫08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

こうさぎ 

ただ飼っているだけですが、見たい方はこうさぎ

いわゆるプロフィールとか 

最近のコメント 

最近のトラックバック 

カテゴリー 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

ああ、ファーバーカステルに萌えた過去

今回は、約15年ほど前~7年ほど前まで、密かに?鉛筆一本から買い集めていた、正直言って今でも憧れて止まないほぼドイツ製の高級文房具メーカーのお話である(^^; プロ・アマ問わず絵描きさんの間では、「ロットリング」が人気らしかったが、どうも私にはその普遍さが肌に合わなかった変わり者である(爆)

Faber-Castell Neuheiten(ドイツ語)
Faber-Castell USA(当然英語)
Faber-Castell Intro(やっと日本語で読めるよ)より。

当時へたれながらも絵を書く事が好きだった(昔からその「絵」を誰かに見せようなどという思いはなく、当然今はその「作品」は処分済み)私は、約15年前の工房時代に、帰りがけのある文房具屋さんでファーバーカステルの9000番鉛筆(当時は一本税抜き180円で、他の国産メーカーの鉛筆なら1ダース買えてもおかしくないくらいの価格設定だった)を見かけ、その強気なほどの価格設定に電撃が走る思いをして、以後決して多いとはいえないお小遣いのうちから、鉛筆を一本、またあるときは一本100円のシャープペンシルを一本、お金に余裕が出来たらシャープペンシルの替え芯を一つと、文房具屋さんに顔を覚えられる位必死に買ってきた当時を思い出すと、無駄遣いばかりしてきたものだ(爆) 

当時は、原則的に「関係者以外は入手できない」緑色の表紙の全製品カタログまで持っていて、「次は(用途が想像できて手の届く値段の中で)何を買おうか」と暇があってもなくてもカタログをめくって考えていたのだから、今となっては「その時間を他に使うという発想はてめぇにはないのか」と過去の私に会えるなら言ってやりたい気分である(^^; 

ちなみに、「嫁入り道具」として、ゴールドファーバー(水性色鉛筆)の36色セットとポリクロモス(油性色鉛筆)の24色セット(勿論新品ではないが)を実家からこちらに持ってきたが、子供のおもちゃにされるのが嫌で、押入れの奥深くに隠しておいてあるし、第一色がダブっているんじゃないかというのは突っ込み禁止である(爆)
スポンサーサイト
2005/03/18 10:42|雑感・日記TB:0CM:0

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://strahl72.blog12.fc2.com/tb.php/254-70de5753

Apple Store 等 

Apple Store(Japan)
日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場

Sony Style(ソニースタイル)


スポンサード リンク 

メールフォーム 

名前:
メール:
件名:
本文:

Blog People 


このブログを登録 by BlogPeople

カウンター 

Copyright(C) 2006 Unbenannt -名 称 未 設 定- All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。